Home > イベント > 電気化学セミナー1「最先端電池技術-2015」

電気化学セミナー1「最先端電池技術-2015」

主催 本会普及委員会
協賛 自動車技術会ほか

  • 日 時:2015年1月21日(水)~22日(木) 10:00~18:00
  • 場 所:タワーホール船堀大ホール (東京都江戸川区船堀4-1-1)

第1日・21日(水)
【第Ⅰ部:二次電池(1)技術開発と市場動向】
 1.蓄電池技術開発に関わる国家プロジェクトなどの状況(NEDO)細井 敬
 2.リチウムイオン電池の最新市場動向(B3)竹下秀夫
【第Ⅱ部:二次電池(2)新材料開発】
 3.安価大容量鉄系コンバージョン正極(九大)岡田重人
 4.高性能酸化物正極材料の開発動向(産総研)田渕光春
 5.ゼロソルベント電解液の最新動向(産総研)松本 一
 6.炭素導電剤の最近の進歩と技術課題(電気化学工業)齋藤達也
【第Ⅲ部:二次電池(3)技術開発と大型用途】
 7.リチウムイオン電池の開発と新市場への展開(パナソニック)伊勢忠司
 8.レドックスフロー電池開発の現状と今後の展望(住友電工)重松敏夫
 9.電力貯蔵用NAS電池実用化例と将来展望(日本ガイシ)玉越富夫 10.電力系統用大型蓄電池システム(東芝)小林武則

第2日・22日(木)
【第Ⅳ部:次世代技術 ポストリチウムイオン電池】
 11.FSA系溶融塩を用いたナトリウム二次電池の開発 (住友電工)新田耕司
 12.全固体型リチウム二次電池の最近の進歩(阪府大)林 晃敏
【第Ⅴ部:境界領域 多様なエネルギーデバイス】
 13.宇宙用リチウムイオン電池の開発状況(仮題) (JAXA)曽根理嗣
 14.キャパシタの現状と展望(東京農工大)直井勝彦
 15.熱電変換技術とその応用(KELK)八馬弘邦
【第Ⅵ部:燃料電池 技術開発と市場動向】
 16.我が国における燃料電池の開発方針(経産省)曽我部雄太
 17.大型分散電源としての次世代燃料電池SOFCの可能性(三菱日立パワーシステムズ)小林由則
 18.PEFC用非白金系酸素還元触媒の現状と展望(横浜国大)石原顕光
 19.燃料電池市場の今後の展望(野村総研)風間智英、小川幸裕
 20.FCV普及に向けた取組(トヨタ)佐野誠治

◎参加申込締切 平成27年1月14日(水)必着
◎参加費(テキスト,消費税含む)
 個人会員25,000円,法人会員30,000円,専門研究会員35,000円,非会員40,000円,学生会員5,000円,非会員学生10,000円
◎参加申込方法 氏名,勤務先名・部署名,連絡先住所,郵便番号,TEL,FAX,メールアドレス,会員資格を明記の上,費用を添え(現金書留又は銀行振込)〒102-0074東京都千代田区九段南4-8-30アルス市ヶ谷202 電気化学セミナー係(TEL:03-3234-4213,FAX:03-3234-3599,E-mail:ecsj@electrochem.jp)へお申込み下さい.なお,銀行振込は三菱東京UFJ銀行市ヶ谷支店,銀行預金口座(名義(公社)電気化学会,口座番号0939526)にお願いします.銀行振込の際も参加者の情報等をFAX等にてご連絡願います.

ページのトップへ戻る